MENU

滝沢秀明(タッキー)退社理由は社長と不仲で独立orジャニーさんの教えで電撃復帰?

ジャニーズ事務所の副社長であり、ジャニーズアイランド社長の滝沢秀明さんが退社することが報じられいます。

今後の後任は井ノ原快彦さんがジャニーズアイランドの社長とのことです。

今回は、1995年に13歳でジャニーズ事務所のオーディションを受験・合格し入所し2018年までタレントで活躍し2019年からデビュー前の新人を育成しジャニーズ事務所に貢献してきた、滝沢秀明さんなぜ退社したのか調べていました。

〇この記事でわかること
・滝沢秀明さんが退社した理由は?
・社長との確執?
・独立し新しく会社を設立?
・ジャニーさんの教えで復帰もありえる?

目次

滝沢秀明さんが辞任した理由は?

メリー藤島氏との確執?

出典先=Twitter

滝沢秀明さんは、1995年に13歳でジャニーズ事務所のオーディションを受験・合格し入所し2018年9月10日付けでタッキー&翼を解散し、2018年末をもって芸能活動から引退します。

その後は、ジャニーズ事務所の完全子会社として2019年1月15日にジャニーズアイランドを設立し、新人の発掘やジャニーズJr.の育成・プロデュースに専念していました。

主にジャニーズJr.の舞台やライブなどのプロデュース、新人の発掘、育成などを行う。社員は十数人で、ジャニーズ事務所でJr.のマネジメントを行っていたスタッフらも出向する予定だ。同社の会長に就任したジャニー喜多川氏(87)からは「ユーが決めて」と滝沢に任されている部分が多いという。

「完全決別」か…滝沢秀明 副社長就任から3年でジャニーズ退社(FRIDAY) – Yahoo!ニュース

また滝沢秀明さんは、裏方に徹しており、表に出ることは一切拒否しています。その一方で営業活動には熱心でダウンタウンの浜田雅功さんもテレビ番組で証言していました。

これに河合も「ジャニー(喜多川)さんも現場行く人だったんで、滝沢君もちゃんと」と証言。浜田は「ちゃんとスーツ着てたし、マスクして。久しぶりに見たわ、(フジ系音楽番組)『HEY×3』以来やから」と感慨深げだった。

浜田雅功「誰や?」 ジャニーズ事務所・滝沢秀明副社長のあいさつを“スルー” | 東スポWEB (tokyo-sports.co.jp)

スノストの2グループの収録現場などに熱心に足を運び、彼らを贔屓にしている滝沢さんですが、デビュー後には、藤島ジュリー景子社長の傘下となっています。

今まで、手塩に掛けて育ててきた、ジャニーズJr.の発掘や育成までがメイン業務という滝沢さんは、いわば愛弟子であるグループがデビュー後に景子社長の手元(管轄下)にいってしまうため、さらに成長していく姿に携われなくなることに不満をつならせているとも言われています。

「滝沢氏はこれに少なからず不満を抱いていたといわれています。ジャニーズアイランドの業績はスノストに支えられていたので、ジュリー氏に『育成期間は終わった』といわんばかりに取り上げられてしまっては、滝沢氏もモチベーションを維持できないでしょう。

滝沢秀明がジャニーズ事務所退社報道、辞める理由は…後任は井ノ原快彦が就任説、ジュリー社長のやり方に不満か | 今日の最新芸能ゴシップニュースサイト|芸トピ (geitopi.com)

9月に退任の申し入れがあったようですが、事務所サイドは慰留したものの、本人の強い意志を尊重するようになり退社する運びになったようです。

今年9月中旬、突然退任の申し入れがあったという。具体的な理由は明らかになっていない。事務所サイドは慰留したものの、本人の固い意思を尊重する形となり、藤島ジュリー景子社長から、その後任を託されたのが井ノ原だった。

ジャニーズ滝沢秀明副社長が電撃退社 9月中旬本人から申し入れ 「アイランド」社長後任にイノッチ (中日スポーツ) – Yahoo!ニュース
出典先=Twitter

あらたに独立して事務所を設立か?

SNSでは、独立して新たに事務所を設立をするのでは?と予想される方や独立して新事務所を設立を希望される方もいらっしゃいます。

出典先=Twitter
出典先=Twitter
出典先=Twitter

今年10月には米ロサンゼルスに留学中のジャニーズJr.の7人組ユニット『Travis Japan』(トラジャ)の全世界デビューを果たしていますが、これを手掛けたのも滝沢秀明さんと言われています。

「ジャニー喜多川氏亡きあと、若手であるJr.の育成は滝沢さんが一手に担っていました。今や事務所の大黒柱に育ちつつある『SnowMan』『SixTONES』を20年に同時デビューさせ話題作りをするなど、プロデュース手腕も高く評価されていますね」(音楽関係者)

「完全決別」か…滝沢秀明 副社長就任から3年でジャニーズ退社(FRIDAY) – Yahoo!ニュース

営業だけでなく、オーディションから育成やプロデュースと実績十分なので、 手塩に掛けて育ててきた、ジャニーズJr.の発掘や育成してきたが、管轄外になることに不満が強いことが理由であれば、独立して新事務所を立ち上げる可能性が高いのではないでしょうか。

海外進出に向けて準備していた⁉

滝沢秀明さんは、韓国のBTSのような世界的なグループを育てたいと考えていたとも言われいます。

以前から、ロサンゼルスやニューヨークのマネジメント会社といった海外のエージェントと話をしていたようです。

つまり、世界的に活躍できるグループを作る為に以前から退社することを考えていたのではないでしょうか。

日本のほか、アジア各国から人材を探して、世界で戦えるグループを育てたいのではないかと思います。ジャニーさんは、海外でトップを取りたいと言っており、その思いを実現させたい気持ちがあるはずですよ。将来的には、ネットフリックス、アマゾン、ディズニーといったところでオーディション番組などを立ち上げられるように、海外のエージェントと組むのではないですか」

滝沢秀明退任のジャニーズは「現状維持が精一杯」か 元芸能プロ幹部が懸念する「事務所の力の衰え」(J-CASTニュース) – Yahoo!ニュース

ジャニーさんの教えで電撃復帰もある?

滝沢秀明さんは、芸能界を引退してジュニアの育成やジャニーさんの舞台を手伝いたい意向を伝えたいとジャニーさんに相談をされていたようです。

しかし、ジャニーさんからはプレイングマネジャーとして生きる道もあることを諭されています。

滝沢秀明は芸能界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、 このようなご報告となりました。

タッキー&翼解散 ジャニー喜多川氏コメント全文 滝沢に「プレイングマネージャーの選択肢もあると伝えた」 | WEBザテレビジョン (thetv.jp)

滝沢秀明さんは、「ジャニーさんが全タレントに人生を捧(ささ)げてきたのを見てきて、今度はジャニーさんに自分の人生を捧げたいと思った」ことや「生半可に人の人生を扱えないと思った」思いがあり引退して裏方に徹してきました。

今まではジャニーさんの為に自分の人生を捧げたいと思い事務所に貢献してきた、滝沢秀明さんですが、辞任後は、ジャニーさんから諭されたプレイングマネジャーとして活動する可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

滝沢秀明さんが退社した理由について調べてみました。

11月1日に何かしら報告があるようですが、滝沢秀明さん動向に注目したいですね。

今まで、今まで慕滝沢秀明さんってきたジャニーズJrのメンバーの方にも何かしら動きがあるかもしてませんね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次