MENU

【添田詩織wikiプロフ】美人過ぎる市議はタトゥーに肯定的だった⁉

大阪府泉南市の添田詩織市議の“過激発言”に端を発する騒動が、メディアやネットを巻き込んで論争を呼んでいます。

今回は添田詩織議員の経歴やタトゥーについて調べてみました。

〇この記事でわかること
・添田詩織議員の経歴
・添田詩織議員が政治家を目指したきっかけは?
・添田詩織議員は独身⁉
・タトゥーに対して肯定的?

目次

添田詩織議員 経歴まとめ・政治家を目指したきっかけは?

名前添田しおり(添田詩織)
生年月日1989年3月11日
年齢33歳(2022年10月1日現在)
出身大阪府泉南市
職業泉南市議会議員
学歴大阪府立佐野高等学校(2007年卒)
関西大学 政策創造学部(2011年卒)
留学経験メキシコ(Instituto Tecnologico de La Piedad留学) 
オーストラリアCQU

〇その他経歴

・湘南乃風や海外アーティストのバックダンサーを務め,ダンサーとしても活躍する学生時代を過ごす
・大学卒業後ベンチャー企業の外資系商社に就職
・シカゴ、タイで研修を積むなどグローバルに活躍
・その後独立し24歳で泉南市樽井で飲食店経営を始める
・泉南市商工会青年部で泉南市を盛り上げるため奮闘

〇実績

・2020年女性DJランキング21位
・審査員特別賞とファッショニスタ賞受賞
・2021年女性DJランキング17位
・楽曲“inferno”beatportランキング世界3位

添田詩織議員が政治家を目指したきっかけは、小学3、4年生の時にお母さんに頼んで国境なき医師団の公演を聞いたのがきっかけで、日本と他国ギャップに衝撃を受け、何とかしたいという思いが芽生えたそうです。

小学校6年生の時に泉南市が募集した、オーストラリアの交換留学をする筆記試験や作文、面接をクリアして現地の方と交流しいろんな文化を学んだこともきっかけと語っています。

留学先の女の子からブリトニースピアーズを教えてもらい洋楽に興味を持ったようです。

幼少期から活動的で成績も優秀だったと思われます。

学歴を見ると地元の高校を卒業後、やはり地元とも呼べる関西大学(大阪府吹田市)へと進学し、政策創造学部へと進みます。

偏差値について調べてみました。

大阪府立佐野高等学校の偏差値は58~60とのことです。

出典先=佐野高校(大阪府)の偏差値 2022年度最新版 | みんなの高校情報 (minkou.jp)

また、関西大学の政策創造学部の偏差値は55~57.5とのことです。

出典先=関西大学/偏差値・入試難易度【スタディサプリ 進路】 (shingakunet.com)

偏差値が58~60ということは、かなり成績が優秀であることが伺えます。

偏差値60は一般的に見るとかなり頭の良い方です。
日本で大学の進学率は約50%。その中のおよそ上位15%と考えると、偏差値60の人は希少性があります。
多くの人から頭のいい人という評価を得られるでしょう。

偏差値60ってどれくらいなの?偏差値60に到達する勉強法もご紹介 (aojuku.com)

添田詩織議員は結婚している⁉

美人で優秀であれば、結婚しているのか?結婚相手はどんな人物か気になるところではないでしょうか。

添田詩織議員が結婚をしているか調べてみました。

本人のインスタグラムやTwitterで調べてみましたが、結婚や夫、子どもに関する情報はありませんでした。

現在は、政治活動や地域のボランティア活動で忙しく結婚は去れていない可能性が高いと考えられます。

タトゥーに対して肯定的⁉

大阪府泉南市の地元では「タトゥーの入った凄腕DJ」としても知られる“美人すぎる市議”添田詩織議員のインスタグラムの投稿をみると胸と左肩、左手にタトゥーを入れていることが分かります。

Twitterのコメントからみるとタトゥーに対して肯定的な様子が伺えます。

添田詩織議員は海外での留学経験が豊富であるため、海外の方と交流があったり文化に多く触れていることもあるからではないでしょうか。

出典先=Twitter

まとめ

今回、添田詩織議員の経歴や政治家を目指したきっかけなど調べてみました。

若くして政治家を志し活躍する添田詩織議員の活躍に期待したいですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次