MENU

スラムダンク映画の内容は?豊玉戦からと予想!答えはアニメにあった

井上雄彦さんによる漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の新作アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』の特報が、東映アニメーションの公式YouTubeチャンネルで公開されました。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』は12月3日(土)に公開予定となっています。

今回はスラムダンクの映画の内容について予想しました。

〇この記事で分かること
・『THE FIRST SLAM DUNK』内容予想
・答えはアニメにあった‼
・SNSでの声を集めてみた‼
・試合内容は豊玉戦と山王戦の2試合の2部構成?(予想)

目次

『THE FIRST SLAM DUNK』内容予想

映画『THE FIRST SLAM DUNK』のPV動画です。

出典先=Twitter
出典先=Twitter

桜木花道が坊主頭なので、インターハイ予選決勝リーグの初戦・海南大附属戦後であることは間違いないでしょう。

桜木花道が坊主になった理由は、自分のパスのミスが負けに繋がったことを反省して坊主になっています。

また、ユニフォームが赤なので山王工業高校である可能性はとても高いと思います。

豊玉高校のとの試合は白いユニフォームで試合に臨んでいます。

豊玉戦も話の流れで欠かせないのでセットで描かれるとは思いますが、メインは山王戦では?と予想します。

答えはアニメにあった⁉

テレビ朝日系列で1993年10月16日 から1996年3月23日にかけて全101話放映されています。

アニメは原作におおむね準じていましたが、桜木軍団の活躍をクローズアップした回や桜木花道と赤木晴子が夏休みに縁日に行くという回、インターハイ出場を控えた湘北メンバーが、陵南と翔陽の混成チームと対戦する回等、アニメオリジナルストーリーも少数挟まれていました。

アニメではインターハイに出場決定して試合会場に出発するところまでで終了しています

漫画でのインターハイの出場した時の内容は?

漫画でインターハイに出場した時の内容は以下の通りです。

広島県で行われるインターハイのトーナメント1回戦で湘北高校は大阪府代表校の豊玉高校と対戦して勝利

2回戦では、前年度までのインターハイで3連覇を果たした秋田県代表校の山王工業高校と対戦して一時は20点以上の差をつけられるが驚異的な粘りで、主人公の桜木花道は負傷した背中の痛みに耐えながらプレーを続け、試合終了間際のジャンプシュートによる決勝点で湘北を逆転勝利

しかし、全てを出し切った湘北は続く3回戦で愛知県代表校の愛和学院高校との対戦でウソのようにボロ負け。

インターハイ後、3年生は赤木と木暮が引退し、三井のみ残留。

新キャプテンに宮城リョータが就任し、晴子を新たにマネージャーとして迎える等、チームは冬の選抜に向けて、新体制となる。流川は全日本ジュニアの代表に選ばれ、花道はリハビリを続けながら再びコートに立てる時を待つ。

というところで終了しています。

つまり、映画『THE FIRST SLAM DUNK』がアニメの続きであれば、インターハイ出場からの続編でから開始ではないかと予想します。

SNSでの声を集めてみました。

出典先=Twitter
出典先=Twitter
出典先=Twitter

1部、2部作に分かれる声やインターハイからのお話やオリジナルの話等様々な予想が挙げられいます。

豊玉高校や山王工業高校の試合内容やエピソード等では、約120分の映画では収まらないのでタイトルが『THE FIRST SLAM DUNK』というタイトルなだけで1部・2部の構成になるのではないかと予想します。

上記の公式Youtubeの映像で出てくる円陣。

時計回りに赤木→桜木→宮城→三井→流川の順です。

ちなみに円陣を組んでいる描写が多いのは山王戦となります。

となるとインターハイの内容である可能性が高いと思います。

まとめ

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の内容について予想してみました。

アニメではインターハイの試合会場へ出発をするところで終了していますので、アニメの続編であれば、インターハイからで豊玉高校からの試合からである可能が高いと予想します。

また随時詳しい情報が分かり次第更新したいと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

映画「すずめの戸締り」原菜乃華さん1700人の中から声優に選ばれた理由はなぜ?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次