MENU

椎名林檎グッズデザインがヘルプマークに似ている?見分け方と適切な対応方法とは‼

11月30日に発売される椎名林檎さんのオフィシャルリミックスアルバム「百薬の長」の関連グッズが「ヘルプマーク」「赤十字マーク」に酷似していると、Twitter上で批判の声が現れています。

今回は実際にグッズとヘルプマークが似ているのかや見分け方、適切な対処方法について調べてみました。

目次

百薬の長のグッズとヘルプマークが似ている?

実際に似ているのか比較してみました。

〇椎名林檎「百薬の長」のグッズ

https://twitter.com/UM_STORE_JP/status/1578219880687538178?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1578219880687538178%7Ctwgr%5Ed590d8899d45fab1fb77b949e41f6e55e7f7881b%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fnlab.itmedia.co.jp%2Fnl%2Farticles%2F2210%2F08%2Fnews074_2.html
出典先=Twitter

〇ヘルプマーク

出典先=Twitter

デザインをパッと見たところほぼ酷似しているのように見えます。

デザイン下のマークが「リンゴ」か「ハート」の違いだけです。

しかし、ヘルプマークの裏に「困っていることやご自身が困っている支援内容」を記入する部分があるので実際に見かけたときは、マークだけでなく裏の支援内容を確認する必要があるのではないでしょうか。

ヘルプマークを見た時に私たちが出来ることは?

ヘルプマークは2021年3月末で約415,000個を配布されています。

多くの方が使用しています。

〇対象者
・義足や人工関節を使用している方
・内部障害や難病の方
・妊娠初期や炎上や配慮を必要としている方

ヘルプマークの対象者は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていて、配布を希望する方々です。 しかしながら、身体機能等に特に基準を設けているわけではありません。ヘルプマークの配布に当たっては、必要な都民の方々が円滑にマークを活用することができることに配慮し、特に書類等の提示は必要なく、お申し出に対しお渡しすることとしています。
マタニティマークと同様、御家族等が代わりにいらっしゃる場合も、お渡ししています。

助け合いのしるし ヘルプマーク | ヘルプマークとは (tokyo.lg.jp)

〇私たちができることは

電車・バスの中で、席をお譲る

外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方がいます。 また、外見からは分からないため、優先席に座っていると不審な目で見られ、ストレスを受けることがあります。

助け合いのしるし ヘルプマーク | ヘルプマークとは (tokyo.lg.jp)

駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮

交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

助け合いのしるし ヘルプマーク | ヘルプマークとは (tokyo.lg.jp)

災害時は、安全に避難するための支援

視覚障害者や聴覚障害者等の状況把握が難しい方、肢体不自由者等の自力での迅速な避難が困難な方がいます。

助け合いのしるし ヘルプマーク | ヘルプマークとは (tokyo.lg.jp)

ヘルプマークに類似したマークは他にある?

他に「ヘルプマーク」に類似したマークについて調べてみました。

「お困りでしたら私がお手伝いしますよ」という意思表示をする、緑色の逆ヘルプマーク逆ヘルプマークという素敵なマークがあるようです。

出典先=Twitter
出典先=Twitter

しかしながら、静岡の県議会で取り上げられたようですが、東京都が著作権を持っており、逆ヘルプマークへの許可が下りないとのことです。

また、大人の事情や 色弱の方への配慮の兼ね合いもあるとも言われています。

出典先=Twitter

まとめ

椎名林檎さんの「百薬の長」の関連グッズが「ヘルプマーク」似ているのか調べてみるとに似ていることがわかりました。

しかしヘルプマークを見かけた時の対応として出来る事は、ヘルプマークの裏に記載されている「お困りごと」や「支援してほしい」内容を確認すれば、本当に困っていることが分かると思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次