MENU

pixiv【ピクシブ】利用規約変更とは?ユーザの声と今後はどうなる⁉

2022年12月15日に、ピクシブ株式会社が提供するサービス共通利用規約が改定することがSNSで話題となっています。

このピクシブの利用規約改定に内容について調べてみました。

今後どうなるのか?またユーザの声を調べてみました。

〇この記事でわかること
・ピクシブになにがあった⁉
・サービスがどうなるの⁉
・ユーザの声は?

目次

ピクシブに何があった⁉

pixivより決済に伴う取引に関するサービス共通利用規約のお知らせとお願いについてのツイートされ内容について詳細に調べてみました。

出典先=Twitter

pixiv(ピクシブ)は、ピクシブが運営する、イラストや漫画を中心とした日本のソーシャルネットワーキングサービスです。

現在、BOOTH、pixivFANBOX、pixivリクエスト機能では多くの取引が行われております。
その中に、弊社が定めるサービス利用規約第14条禁止行為の26項「本サービスを利用して以下の商品の出品・販売・購入・登録等の取引を行う行為」に違反した取引が確認されております。

作品に過激な描写は取り下げ、非公開の対応をお願いのお知らせでした。

現在、BOOTH、pixivFANBOX、pixivリクエスト機能では多くの取引が行われております。
その中に、弊社が定めるサービス利用規約第14条禁止行為の26項「本サービスを利用して以下の商品の出品・販売・購入・登録等の取引を行う行為」に違反した取引が確認されております。

また、国際カードブランド等の規約でも、下記を含むコンテンツや商品の取引が禁止されております。

・児童ポルノまたは児童虐待
・近親相姦
・獣姦
・レイプ (同意の無い性的行為)
・人または体の非合法的な切断 
など公序良俗に反する行為

ユーザーの皆さまには、 BOOTH、pixivFANBOX、pixivリクエスト機能にてサービス利用規約及び上記を含む商品の取り扱いがないか、改めてご確認いただき、取り下げ、非公開の対応をお願いいたします。

[pixiv] お知らせ – 決済を伴う取引に関するサービス共通利用規約改定の事前のお知らせとお願い

また、12月15日以降に禁止されてる商品を(過激な描写がある作品)があった時は非公開化になったありアカウントの停止も行うと記載されていました。

最後には『ピクシブ』では、自由な創作を保護し、その内容を尊重することを重要なポリシーとしていることを謳っています。

過激な描写が創作的に必要な作品はどうなるのでしょうか。

非公開化であったりアカウントになる可能性になるのではないでしょうか。

判断に迷われる場合は11月下旬に公開される新しい利用規約をご参照ください。
BOOTH、pixivFANBOX、pixivリクエスト機能で取引が禁止されている商品がある場合、規約が改定される12月15日(木)までに、取り下げや非公開化のご対応をお願いいたします。

12月15日(木)以降に禁止されている商品を運営が発見した場合は商品の非公開化をさせていただきます。
また、措置を受けた上で継続的に禁止されている商品を取引されている場合、アカウントの停止を行います。

ピクシブでは、自由な創作を保護し、その内容を尊重することを重要なポリシーとしております。
ユーザーの皆さまが安心して取引を行えるよう環境を整えることが、その一助になると考え、このたびの改定となりました。

どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

[pixiv] お知らせ – 決済を伴う取引に関するサービス共通利用規約改定の事前のお知らせとお願い

ユーザの声は?今後どうなる⁉

真相はわかりませんが、国際問題や政治的問題が原因ではないかと予想される声もあります。

出典先=Twitter

自由な創作の保護しその内容を保護することを重要なポリシーとすることに自由の侵害との声もあります。

制限されることで、作家が描きたい内容の作品が表現できなくなることが懸念されることは間違いないでしょう。

出典先=Twitter
出典先=Twitter

12月15日まで猶予があるので、この発表からどうなるかが気になるところではないでしょうか。

今後は過激な描写がある作品については取り消されたり、そのままであれば、アカウント削除となり作品数も減っていくことが考えらるのではないでしょうか。

出典先=Twitter

まとめ

今回はピクシブ株式会社が提供するサービス共通利用規約が改定するお知らせについて調べてみました。

12月15日まで猶予期間があるようですが、『ピクシブ』では、自由な創作を保護し、その内容を尊重することを重要なポリシーとしていることを謳っています。

ピクシブの取り扱い作品内容について今後の動向に注目したいですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次