MENU

ミャクミャク様【大阪・関西万博】名前の由来と選ばれた理由は?ポスト太陽の塔との声も

2022年7月18日に大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が『ミャクミャク』と発表されました。

SNS上では、様々な感想や意見が上がっています。また太陽の塔の後継者との声も上がっています。

今回は『ミャクミャク』という名前の由来や意味や太陽の塔についても調べました。

〇この記事でわかること
・ミャクミャクの名前の由来は
・ミャクミャクの名前が選ばれた理由は
・ポスト太陽の塔?

目次

ミャクミャク様の名前の由来は?

ミャクミャク様の名前の由来は?

出典先=Twitter

大阪・関西万博の公式キャラクターの『ミャクミャク』は応募総数は3万3197作品の中から選ばれました。

発案者
川勝 未悠(かわかつ みゆう)さん(1984年生まれ)
   
作田 陽向(さくた ひなた)さん(2000年生まれ)

最優秀作品同一愛称でした。

川勝 未悠(かわかつ みゆう)さんの愛称のコンセプト

今まで「脈々」と受け継がれてきた私たち人間のDNA、知恵と技術、歴史や文化。変幻自在なキャラクターは更にあらゆる可能性をその身に宿して、私たち人間の素晴らしさをこれからも「脈々」と未来に受け継いでいってくれるはず。
そんな希望を込めて「脈々=ミャクミャク」と名付けました。
またミャク=脈であり、生命そのもの。
ミャクミャクという2音が続く様は、命が続いている音にも聞こえます。

作田 陽向(さくた ひなた)さんの愛称のコンセプト

初めてキャラクターを見たとき、赤色と青色が動脈と静脈を連想させたため。また、万博のテーマである、人類文明のつながりや、国際的なつながりを、「脈」という言葉で表せられると思ったため。

絵のデザインと万博のテーマである「人類文化のつながり、国際的つながり」と絵のデザインと名前のイメージが当てはまり、素晴らしいネーミングだと思います

キャラクターデザインのコンセプトとは?

公式キャラクターは神戸出身のデザイナーの山下浩平さんがデザインした作品です。

デザインは「水の都・大阪」での万博を意識し一人一人の頭の中で、色々な姿に変化していくことがコンセプトで、多様性を象徴するキャラクターにという願いが込められているということです。

ミャクミャク様の名前が選ばれた理由とは?

選行委員の座長・仲畑貴志さんのコメント

「愛称とは親しみを込めて呼ぶ本名以外の名前ということですから、親しみやすく覚えやすいことが第一です。そして、大阪・関西万博ならではの独自性や意味も大切。さらに、国際性も持たせたい。たくさんの要求から選考しました。結果、変化自在のキャラクターの愛称として、良き作品を選ぶことができました。愛称は作るというより育てられていくものです。万博の進捗とともに愛され育んでいただけるよう、お願いします」

【EXPO2025 大阪・関西万博】あの公式キャラクターの名前が決まりました!|特集 | リビング大阪Web (living.jp)

ミャクミャクの名前が選ばれた理由は親しみやすく覚えやすいことが一番の理由だそうです

シンガーソングライター・aikoさんのコメント

選考委員に選んでいただいた時は飛び上がるくらい驚きました。関西人としてとても誇らしかったですし、キャラクターに命を吹き込む一員として愛と心をいっぱい込めて選考させていただきました。もはや友達のような気持ちです。大阪・関西万博を通じて多くの人が笑顔になりますように。おもしろい日々を素晴らしい未来をみんなでゲラゲラ笑いながら迎えたいです。

大阪・関西万博 公式キャラクター愛称が 「ミャクミャク(MYAKU-MYAKU)」に決定 | 2025年日本国際博覧会協会のプレスリリース | 共同通信PRワイヤー (kyodonewsprwire.jp)

aikoさんも親しみやすく遊び心がある印象があるところが選んだ理由だと思われます

ポスト太陽の塔説も⁉

SNSでは太陽の塔に関する声やポスト太陽の塔などの声が上げられています。

出典先=Twitter

ミャクミャク様を太陽の塔と連想し芸術的作品とも思えます。

出典先=Twitter

万博繋がりで太陽の塔の後継者ではと推測できます。

出典先=Twitter

大阪の万博と言えば、日本万国博覧会(1970年大阪万博)に行われた、岡本太郎氏の太陽の塔をイメージされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日本万博博覧会(大阪万博)のテーマは『人類の進歩と調和』でした。

テーマの中心『太陽の塔』は博覧会全会場の象徴として人間の尊厳と無限の進歩、発展を表現したもので、高さは約70メートルにもなり大屋根を貫いてそびえ立ち左右に腕を広げて会場を訪れた人々を迎えました。

当初は多くの人が、『太陽の塔』に違和感を持ったとのことです。

しかし、万博の半年間に人々は愛着を持ち、結果として、多くのパビリオンなどは撤去されたものの、太陽の塔は残り、岡本太郎の代表作ともいわれています。

ミャクミャクも時間が経過すれば、人々は愛着を持ち愛されるキャラクターになるのではないでしょうか。

まとめ

大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が『ミャクミャク』について名前の由来や選ばれた理由について調べました。

時間が経過すれば、太陽の塔みたいに愛されるキャラクターになるのではないでしょうか。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次