MENU

鎌田美礼【女流棋士・子役経験あり】気になる実力と性格は?

13歳の若さで女流棋士2級という偉業を成し遂げた、現役女流棋士の最年少の鎌田美礼(かまだみれい)さんが現在注目を集めています。

強さだけでなく可愛いとも話題になっています。

過去には、キッズモデルをされていたそうで、鎌田美礼さんがどのような人物なのか、将棋の実力はどうなのか調べてみました。

〇この記事でわかること
・鎌田美礼さんのプロフィール
・子役時代の活動
・なぜ子役をやめたの?
・どんな性格?
・将棋の実力はいかに?
・通っている中学校はどこ⁉

目次

鎌田美礼(かまだ みれい)さんのプロフィール

氏名鎌田美礼(かまだ みれい)
生年月日2008年6月24日生まれ(13歳)
出身茨城県取手市
学歴取手市立戸頭中学校在学中
師匠石田和雄 九段
得意技居飛車
趣味読書
将棋を始めたきっかけ6歳の時父親に教えられて

※居飛車とは
将棋における戦法の二大分類の一つ。序盤において、初形で右翼にある大駒の飛車を定位置(先手は2筋、後手は8筋)のまま据えて戦うこと。これに対して序盤で飛車を中央より左に展開する指し方は振り飛車と呼ばれ、将棋における戦法は大きく分けてこの2つに分類される。対する相手の指し方により、両対局者が共に居飛車を採用する相居飛車と、振り飛車を相手にする対振り飛車(対抗型)に大別される。

居飛車 – Wikipedia

〇主な居飛車党の棋士
・加藤 一二三さん
・中原 誠さん
・谷川 浩司さん
・羽生 善治さん
・藤井 聡太さん

居飛車党の棋士の方々を調べると活躍されている方々ばかりでした。

鎌田さんの将棋も楽しみですね。

出典先=Twitter

[quads id=1]

SNSで早くも可愛いとの声も

出典先=Twitter
出典先=Twitter
出典先=Twitter

子役時代の活動は?

鎌田美礼さんは赤ちゃんの頃からキッズモデルとして活動されていて、子役としてドラマにも出演していたことがあります。

2013年11月25日TBS系列で放送された「こうのとりのゆりかご」という作品に出演していたことが分かりました。
主演が薬師丸ひろ子さんで共演されていた方々も今では主役級の方々が出演されていました。

・富田靖子さん
・宇梶剛士さん
・佐々木蔵之介さん
・江口のりこさん
・吉田羊さん
・安藤サクラさん
・有村架純さん
・波瑠さん
・杉咲花さん

「こうのとりのゆりかご」はParavi(パラビ)で配信されてますので、現在も視聴することが出来ます。

なぜ子役を引退して女流棋士を目指したの?

赤ちゃんの頃から続けていたキッズモデルの仕事も「人前ではきはき話すのが得意じゃないから」とやめた。残ったのは将棋だった。幼稚園の時、「大きくなったらロボットを作りたい」と発明家になることを夢見ていた少女は、小学6年で「女流棋士」を夢見るようになった。

13歳の鎌田美礼さんが現役最年少女流棋士に ゲーム「プロセカ」に夢中の中学2年生(スポーツ報知)

人前ではきはきと話すのが得意ではないから」。という理由で引退されたようです。

もともと水泳やピアノもされていましたが、「将棋なら、一番上を目指せるかなって」。と思い女流棋士を目指したとのことです。

本人曰く、性格は一言で表すと「おとなしい」とのことですが、将棋になると「すっごい激しい勝負になるから」と角換わりの手法を好んで指すようです。

将棋になると勝負師の一面もみられそうです。

おとなしくシャイな性格ではありますが、将棋を指すと積極的に攻める戦法を好んでいるようです。

気になる実力は?

師匠である石田和雄九段「石田九段一門将棋チャンネル」にて鎌田美礼さんの強さを語られていました。

4分32秒のから鎌田美礼さんについてお話をされています。

出典先=Twitter

終盤戦が強く鋭い将棋をされると評価しています。

13歳で女流棋士の資格を取得する実力があるので、デビュー戦が楽しみですね。

ちなみにまだ、デビュー戦は未定です。

[quads id=1]

通っている中学校は?

引用先=YouTube

取手市長を表敬訪問した時に取手市長から戸頭中学校とのコメントがありました。

鎌田美礼さんは現在、戸頭中学校に通っていることが分かります‼

まとめ

現役女流棋士の最年少の鎌田美礼さんの経歴や子役での活動や性格について調べてみました。

性格はおとなしいけど、積極的に攻める将棋を注目したいですね。

今後の鎌田美礼さんの活躍に期待したいですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすぎとピーコの死亡説が流れた原因は?気になる方はこちらをどうぞ‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次