MENU

現役ドラフトの仕組みとは?メリット・デメリットを超絶分かりやすく解説‼

プロ野球で出場機会が少ない選手の移籍活性化を目的とする「現役ドラフト」が12月9日に実施されることがきまりました。

今回は現役ドラフトの仕組みについてやメリット・デメリットや過去にルール・ファイブ・ドラフトを経験した助っ人など調べてみました。

目次

現役ドラフトの仕組み・まとめ

〇指名対象選手

ブレークスルードラフトでは、NPB12球団が提出した選手が指名対象選手となります。

・支配下選手
・FA権を保有せず、かつ行使したことがない
・年俸5000万円以下

現役ドラフトは非公開で行われ、FA=フリーエージェントの権利を持っている選手や、以前権利を使った選手、それに育成選手はリストアップの対象から外れるということになります‼

球団は2人以上の選手をリストアップし、必ず1人以上獲得することになっていて、誰かが出て誰かが入る仕組みで行われることになっています。

「各球団が戦力」と考えている中から選手が出てくるので、出場機会に恵まれない選手にとっては活躍する場増えると可能性があるのではないでしょうか。

 

各球団は、シーズン終了後の全保留選手名簿の提出と同時に、指名対象として2人以上を提出する必要があり、またドラフト対象選手であることを選手本人に告知するかどうかは、各球団の任意となっています。

〇指名方式

各球団が指名したい選手1名に投票を行い、最も多くの票を獲得した球団が1番目の指名権を獲得します。

最多得票の球団が複数となった場合、ウエーバー順で指名権を決定します。

指名権を獲得した球団が選手1名を指名し、指名権は選手を指名された球団に移行する。同様の手順で、12球団が各1人を指名した時点で終了となります。

選手が指名された球団が既に指名を終えている場合、指名権は投票の得票順、同数の場合はウエーバー順により移行先を決定します。ただし、指名を終えていない残り全球団の得票が0票であった場合には、逆ウエーバー順によって移行先を決定する仕組みになります。また、指名された選手の球団の別の選手を指名することはできないようになっています。

例で例えると下記の図のような仕組みになります。

引用先=現役ドラフトの指名方式判明 12球団がリストから指名したい選手に投票 最多得票球団に1番目指名権― スポニチ Sponichi Annex 野球

なお、ブレークスルードラフトは非公開で行われます。

現役ドラフトのメリットとデメリットは?

メリットとは?

メリットは、この「現役ドラフト」の狙いでもある、出場機会が少ない中堅選手の移籍活性化を図り、今まで活躍できなかった選手が他球団に行き環境が変わり、好成績を残すというような選手が多く増えるということが考えられます。

選手層の厚いチームでくすぶっている選手にとっては良いきっかけになるのではないでしょうか。

実際に選手層が厚くトレード等で移籍したことで活躍した選手はたくさんいます。

例として
・鉄平選手(中日ドラゴンズ→楽天ゴールデンイーグルス)
・大田泰示選手(読売ジャイアンツ→日本ハムファイターズ)
・福地寿樹(広島カープ→西武ライオンズ)※のちヤクルトスワローズへ移籍
・桑原謙太郎投手(横浜DeNAベイスターズ→オリックスバファローズ→阪神タイガース)

デメリット

選手層の薄いチームには選手層厚い選手を獲得できますが、厚いチームにはあまりメリットがないように思えます。

韓国のプロ野球・Kリーグでは2011年に新球団・NCダイノスの設立に伴い開催され現在は2年おきに開催されています。

そものそもこのK・リーグの目的は、日本の選手会が提案している「出場機会の確保、飼い殺しの防止」だけではなく、戦力の均衡化が主体。翌12年に9球団目(当時)となるNCダイノスの新規参入に合わせて、導入が検討されたましたが、新規参入時の戦力調整には有効だったようです。

移籍したとしても1軍レベルとの実力の差があり出場機会に恵まれない中堅・若手選手に出場できていないのが現状のようです。

韓国の場合、現役ドラフトが球団新規参入時の戦力調整には有効だった。しかし日本と比べると1軍クラスとそれ以下の実力差が大きく、選手層が薄いため、日本の選手会が目指すような、「出場機会に恵まれない中堅、若手選手に機会を与える」という姿にはなっていない現状がある。

選手会提案の「現役ドラフト」 韓国では8年前から実施。その成果は?(室井昌也) – 個人 – Yahoo!ニュース

現役ドラフトで移籍したからといって出場機会は増える可能性はありますが、レギュラーが確約されているわけではありません。

あとは、選手間のモチベーションも左右される可能性も考えられます。

ルール・ファイブ・ドラフト経験者助っ人一覧

過去にルール・ファイブ・ドラフトを経験した日本のプロ野球チームに所属した助っ人を調べてみました。

13名の助っ人がルール・ファイブ・ドラフトを経験していることが分かりました。

ウィリー・アップショー (福岡ダイエー)
スティーブン・ランドルフ  (横浜ベイスターズ)
エリック・ラドウィック  (広島カープ)
ホルヘ・ソーサ(中日ドラゴンズ・横浜DeNAベイスターズ)
D.J.カラスコ(ソフトバンクホークス) 
ウィル・レデズマ (千葉ロッテマリーンズ)
エクトル・ルナ (中日ドラゴンズ・広島カープ)
D.J.ホールトン(ソフトバンクホークス・巨人)
トニ・ブランコ(中日ドラゴンズ・横浜DeNAベイスターズ・オリックスバファローズ)
ジャスティン・ボーア(阪神タイガース)
マルコス・マテオ(阪神タイガース)
ジャバリ・ブラッシュ(楽天ゴールデンイーグルス)
アルバート・スアレス(ヤクルトスワローズ)

中には助っ人として活躍した選手や本塁打王を獲得した選手もいます。

また、大リーグでは、移籍して活躍しオールスターに出場した選手もいますし、ロベルト・クレメンテ選手は殿堂入りを果たしています。

まとめ

12月9日に初めて現役ドラフトが開催されますが、実際に行ってみないと良いものなのか悪い物なのか分かりません。

また、どの選手が移籍するのかプロ野球ファンの方には気になるところではないでしょうか。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次