MENU

福原愛の長男を連れ去り現在は日本に?今後は元夫が来日し直接対決も‼

卓球元日本代表の福原愛さんが同棲中の交際相手の元妻から慰謝料請求訴訟を起こされていたことが報じられたことが話題となっています。

また福原愛さんは子ども連れ去り報道で元夫の江宏傑さんとのトラブルも有名です。

今回は福原愛さんの子どもについて調べてみました。

目次

福原愛さんの子どもは?

福原愛さんは2016年9月に卓球選手の江宏傑さんと国際結婚をしています。

2017年10月13日に長女「あいら」、2019年4月3日に長男「こう」を出産し2人のお子さんをもうけた後、2021年7月に離婚しています。

長女 「あいら」 2017年10月13日生まれ 年齢5歳
長男 「こう」 2019年4月3日生まれ 年齢3歳
※年齢は、2022年11月3日現在のものになります。

長女の「あいら」ちゃんは夫の江さんが見ており長男の「こう」くんを福原愛さんが連れて帰り日本で暮らしているとのことです。

弁護士と警察官も同席した状況で話し合い行われ、福原愛さんは長女と長男2人連れて帰るつもりでいましたが、元夫の江さんは拒否した中で、長男を選んだと報じられています。

「弁護士と警察官立ち会いのもとで行われたそうです。しかし、引き渡しの瞬間、江さんは、『子供を2人とも連れ帰るのはダメ』と拒んだそうです。長女と長男とともに日本に帰れると思っていた福原さんはパニックになった。1時間以上話し合いましたが、江さんの態度は頑なで、『このままだと、どちらか1人さえ連れ帰ることができなくなる』と感じた彼女は、泣く泣く長男1人を連れ帰ったのです。

福原愛、愛息と1年半ぶり再会で万感のディズニー 元夫の“連れ去り告発”に大反論|NEWSポストセブン – Part 2 (news-postseven.com)

親権は二人にあって台湾の法律的に問題はない⁉

福原愛さんと江宏傑さんは、離婚後、お子さんを「共同親権」という形で育てているようです。

台湾には子どもを連れ去りを防止するためにできたハーグ条約に加盟しておらず、日本に連れされれた場合は台湾の親が日本国内の裁判所を通じて返還の申し立てをしなければならないようです。

「台湾は、子供の連れ去りを防止するためにできたハーグ条約に加盟していません。もし子供が日本に連れ去られた場合、台湾側の親は、日本国内の裁判所を通じて返還の申し立てをするしかありません。その後、家庭裁判所の調査官が、どちらが監護者としてふさわしいか調査するので、時間も相当要します。

福原愛 “連れ去り騒動” で心配される姉弟離別…親権問題に詳しい弁護士「一緒のほうがいい」(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース
出典先=Twitt

現在、3歳の長男「こう」くんはお母さんの福原愛さんと一緒にいるそうですが、今回報じられたお相手とも一緒に3人で暮らしているそうです。

今後は元夫が来日し連れ戻す手続きも⁉

元夫の江宏傑さんは8月までに連れて帰ることになっているとも報じられています。

「お子さんの日本滞在は“8月まで”“夏休みの期間だけ”と言っていたのに台湾に帰そうとせず、江さんの主張どおりならば訪日に関する手続きもしない福原さん。このまま、恋人と長男と3人での生活を続けようとしているのではないでしょうか。

福原愛のウソが発覚、訪日拒否された元夫・江宏傑が悲痛告白!「息子は台湾に帰ってこない」(週刊女性PRIME) – Yahoo!ニュース

今後は元夫である江宏傑氏が、今回の「子ども連れ去り騒動」を巡り緊急来日する見込みであることが報じられています。

実際に所属事務所が家族を連れ戻すために調整していることを江宏傑氏の所属事務所が認めています。

 台湾メディア「ナウニューストゥデー」は「江は日台交流協会でビザに関連した動きを見せている。親戚を訪ねるために日本に行くことに興味を持っているようで、福原愛との真っ向対決となる!」と報道。江は福原さんが夏季休暇を利用して日本へ連れて行った子どもを連れ戻すために来日を決意。その手続きを進めているという。同メディアに対して江の所属事務所は「家族を日本に連れ戻すために調整している」と来日計画を認めた。

福原愛さんの元夫・江宏傑が子ども連れ返すため緊急来日へ 台湾メディア「直接対決!」と注目 [征夷大将軍★] | ワクワクマトメディア (wakwakmatomedia.info)

まとめ

今回は、福原愛さんのお子さんの事について調べてみました。

現在、長男の「こう」くんは日本で福原愛さんと暮らしているようです。

今後、元夫の江宏傑氏が来日して長男を連れ戻しにくる計画もあるようです。

今後の動向に注目していきたいですね。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

〇当ブログにお越しいただきありがとうございます!
当ブログは、いつでも、どなたにも気持ちよく読んでいただけるように、明日の話の雑談やネタになればと思い記載をしております。
もし、気になる点、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せフォームをご利用くださいませ。

目次